飲みごたえ野菜青汁 青汁

青汁の定義は?

青汁とよく言われてますが青汁の定義は何でしょうか。

飲みごたえ野菜青汁,青汁

 

青汁は生の緑黄野菜をすり潰した物とされています。

 

野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養素は調理したものより、生の方が栄養価が高いので生の野菜を使ったのが青汁なのです。

 

見た目からいってもホウレンソウやケール、キャベツ、小松菜など緑色の野菜をミキサーにかけて作っていますので緑色ですね。

 

また野菜だけでは美味しくないので青汁は「苦い」というイメージがあります。

 

またなぜ緑色なのに青汁と言うのでしょうか。これは日本では昔から野菜を青菜と言っていたので今でもその名残りで青汁と呼ぶようです。

 

そういえば「青信号」も本当は「緑色」ですね。

 

飲みごたえ野菜青汁,青汁

野菜不足を感じたときは自宅でも生野菜を青汁にすると、たくさんの野菜を取れます。

 

しかし家庭で作るにはいくつかの生野菜だけでは栄養価も低いですし、苦くて美味しくは飲めません。

 

そこでリンゴやレモン汁、バナナ、などを混ぜると青臭さがとれて飲みやすくなります。

 

また牛乳や氷を混ぜるとスムージ―のようになって美味しくなりますよ。私ははちみつなどを混ぜてゴーヤのジュースをよく作ります。

 

 

↓↓ 野菜不足解消に30品目の野菜が取れる青汁 ↓↓

飲みごたえ野菜青汁

▲△ 口コミでも高評価△▲