飲みごたえ野菜青汁 緑黄色野菜 淡色野菜

緑黄色野菜、淡色野菜の違いって色ではないの?

 

緑黄色野菜、淡色野菜の違いはカロチンの含有量で決まるのです。飲みごたえ野菜青汁, 緑黄色野菜 淡色野菜

 

 

厚生労働省が基準によると緑黄色野菜は「原則として可食部100g当たりカロチン含量が600μg以上の野菜」と決められています。

 

でもマト、さやいんげん、ピーマンなどはカロチンが600μg以下ですが1回に食べる量や日常的に食べている食品なので緑黄色野菜のなかまにされています。

 

カロチンは強い抗酸化作用があり動脈硬化の予防にも効果があります。また肌・髪・爪の若さを保ちシミ・そばかす防止にも働いています。

 

ほうれん草、にんじん、小松菜、春菊、ブロッコリー、かぼちゃ、にら、トマト、ピーマン、
ケール、大麦などがあげられます

 

 

飲みごたえ野菜青汁, 緑黄色野菜 淡色野菜

淡色野菜はセロリやキュウリ、ハクサイ、ダイコン、レタス、タマネギ、キャベツなどで食べやすく生でもサラダなどで食べられるものが多いですね。

 

淡色野菜には繊維が多く体調を整えます。

 

また淡色野菜も大切な役割があり最近では淡色野菜の方が免疫を高める効果があるのがわかってきました。

 

私達は1日に350g以上の野菜をとりましょうとされていますが、このうち120gを緑黄色野菜でとるのが理想的な食べ方とされてます。