飲みごたえ野菜青汁 栄養

野菜は旬と季節外れでは栄養価が違う!

飲みごたえ野菜青汁では美味しさや栄養価を届けるために、

飲みごたえ野菜青汁,栄養


旬の野菜を収穫しています

 

では旬の野菜と旬でない野菜では美味しさや栄養価は本当に違うのでしょうか?

 

野菜の旬というのは自然の中で大量に収穫できる時期を言いますが、

 

今では1年中野菜が食べられますから、野菜の旬がわからなくなっていますね。

 

例えばほうれん草はいつでも出回っていますが本当は冬が旬なのです。

 

知らない人も多いですよね。

 

冬に収穫されたほうれん草は夏の約3倍ものビタミンCがあります。

 

飲みごたえ野菜青汁,栄養

 

ニンジンも1年中ありますが秋から冬の野菜です。老化防止に良いとされる

 

βカロテンは旬には普段の約約2.5倍も高いのです。

 

このように野菜の栄養価の季節変動が大きいのがカロテン・ビタミンCです。

 

ブロッコリーのカロテンでは一番旬の3月では8月の約4倍も多く含まれています。

 

このように大きな差がありますから、栄養をとるためのたくさん野菜を取っても

 

栄養価が足りてないというような事もありますね。

 

野菜はやはり旬の野菜を多くとるようにするのが栄養価が高くまた美味しく食べられます。飲みごたえ野菜青汁,栄養

 

旬でない野菜を使うときは冷凍野菜を使うのも手かもしれません。

 

冷凍野菜は、旬の時期に取れた野菜を冷凍にしていますので栄養価が高いのです。

 

トマト缶も季節外れの生のトマトより栄養価が高いです。