飲みごたえ野菜青汁 温野菜と生野菜

生野菜と温野菜ではどちらの方が栄養があるの?

 

 

野菜は生でも、煮て食べても美味しいですね。毎日食べている野菜ですが、生で食べるのと、煮て食べるのではどちらの方が栄養価が高いのでしょうか。

飲みごたえ野菜青汁,温野菜と生野菜

 

野菜は、生で食べた方が栄養素が高いものと煮た方が栄養が取れる場合があります。

 

果物などに多く含まれるビタミンCは熱に弱く煮ると破壊されてしまいます。

 

キャベツでは、茹でるとビタミンCが50%以下になってしまいます。

 

ビタミンCは貧血や肌荒れ、疲労感など体の調子を整え

 

女性の大敵であるシミとシワの予防にも効果がありますから

 

生でたくさんの野菜を食べたいですね。

 

 

 

飲みごたえ野菜青汁,温野菜と生野菜

 βカロテンなどは、油で調理した方がビタミンの吸収率が良くなると言われています。

 

にんじんを生で食べるとのカロチン吸収率は10%ですが、塩ゆでで47%、油で炒めると80%にまで吸収率が良くなります。

 

ゆでると一度にたくさんの量の野菜を食べられますので栄養がたくさん取れます。