飲みごたえ野菜青汁 美味しさの秘密

飲みごたえ野菜青汁の美味しさのひみつ

 

青汁て苦いというイメージがありますよね。家庭で作る青汁も野菜だけでは

飲みごたえ野菜青汁,美味しさの秘密


美味しくなくて飲めませんね。家庭ではバナナや蜂蜜をなどを入れるのが定番です。飲みごたえ野菜青汁はバナナや蜂蜜は入っていません。

 

ではなぜ美味しく飲めるのでしょうか?

 

その秘密を調べました。

 

飲みごたえ野菜青汁は美味しく飲めるように、日本人が好きな日本古来の素材を加えました。それは黒糖、きな粉、抹茶、米粉です。

 

飲みごたえ野菜青汁,美味しさの秘密

黒糖

サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る砂糖です。

 

主に沖縄県と鹿児島県で生産されています。天然成分で栄養価も高く、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあります。

 

骨粗しょう症を予防する働きのあるカルシウム、リン、マグネシウムなども豊富に含まれています。

 

              甘さが飲みごたえ野菜青汁をの飲みやすくする効果があります。

 

 

飲みごたえ野菜青汁,美味しさの秘密

きな粉

きな粉は、大豆を炒って挽いた粉で独特の風味があり、きな粉餅やわらび餅などにしてよく美味しく食べられています。

 

きな粉はおいしいだけでなく栄養豊富で、健康にも効果が得られるのです。

 

特に大豆イソフラボンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、肌や体の老化をおさえてくれます。

 

              肌をみずみずしく若さを保つ働きをしてくれます。女性にとっては嬉しい食品です。

 

              風味が飲みごたえ野菜青汁の青臭さを消してくれます。

 

 

飲みごたえ野菜青汁,美味しさの秘密

抹茶

強い日差しが当たらないように育てられた碾茶(てんちゃ)を
粉にして作られています。

 

抹茶には、カフェイン、カテキン、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、食物繊維等、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

 

特に美肌に良いとされるビタミンCが、ミカンの約4〜7倍の量が
              含まれているのです。

 

              また抹茶には、旨み成分のテアニンがたくさん含まれていますので
              飲みごたえ野菜青汁を美味しくする効果があります。

 

 

飲みごたえ野菜青汁,美味しさの秘密

米粉

米粉とは、お米を粉末状にした食材のことです。栄養価はもちろん優れています。

 

タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミンB1、ビタミンE、無機質、などが含まれています。

 

お米なので腹持ちが良いので青汁を飲んでも空腹感が少し満たされますね。またお米の美味しさも飲みごたえ野菜青汁を美味しくしてくれます。いいですね。